世界緑内障週間

ライトアップ in グリーン運動

日本緑内障学会TOP
English

2021年
ライトアップinグリーン運動 概要

開催概要

期間

2021/3/7(日)~3/13(土)

主催

日本緑内障学会

後援

公益財団法人日本眼科学会、公益社団法人日本眼科医会
※施設毎の共催・後援あり

連絡先

日本緑内障学会 ライトアップinグリーン実行委員会
Tel/Fax:0572-24-5505
mail:jgs.wgw@gmail.com
※ライトアップ関連のご連絡は、このライトアップ関連専用メールにてご連絡ください。

「ライトアップ in グリーン運動」ポスターダウンロード

ライトアップinグリーン運動PR動画ダウンロード

ライトアップ in グリーン運動で伝えたいメッセージ

ライトアップinグリーン運動は、下記のメッセージを伝えようとしています。

早期発見・継続治療・希望
40歳を過ぎたら眼の定期検診を!

緑内障は我が国における中途失明原因の第一位です。けれども我々日本緑内障学会はこの状況は近い将来脱することができると信じています。その背景にあるのは近年における緑内障の診断と治療の進歩です。OCTを含む眼底検査により極早期の緑内障の診断率は格段に向上しました。多くの点眼薬の登場により、より低い眼圧レベルに保つことが可能になっています。緑内障手術の進歩も著明です。したがって早期に診断された緑内障が高度視機能障害をきたす確率は今後大幅に低下していくと考えられます。ただし、問題が残っています。緑内障の特性として初期の自覚症状が非常に少ないという点です。多くの患者さんが診断されることなく未発見のまま進行している事は問題です。また自覚症状が少ないことは、診療の継続が途切れる理由にもなります。さらに、緑内障と診断されたことで精神的なストレスや不安を抱えてしまわれる方があります。長期間の治療となりますので、その心の支えとなるのは緑内障に対する正しい知識と、主治医や仲間や家族とともに希望を持って病気と向き合うことだと思います。こうした背景から、「早期発見・継続・希望」をキーワードにした啓発活動が非常に重要であると日本緑内障学会は考えています。
緑の光は、「あなたの眼がずっと見えていますように」という希望の光でもあります。

ライトアップに参加される方へ

公共機関・医療機関・その他の施設で、日本緑内障学会のライトアップinグリーン運動に参加していただける場合は、下記登録ページから参加登録をした後、世界緑内障週間の期間内で、施設・施設内などのグリーンライトアップをお願いします。そしてできれば実施時の写真もご登録ください。

※この運動に参加いただける方は、参加方法(詳細)をお読みいただき、以下のフォームを送信ください。登録用紙をダウンロードのうえFAXまたはメールでお送りいただく方法も可能です。


2021年3月の参加登録はこちら

FAXまたはメールでの参加登録はこちらから



ライトアップの写真について

参加施設担当者による登録

参加施設の登録後にお送りするメールをお読みいただき、是非、実施時の写真をご登録ください。

また、お送りいただく写真は、基本的に、日本緑内障学会に使用権を頂けるものと考え、今後の広報活動に使用させていただきます。写真の使用に制限をされたい場合・著作権がある場合などは、お送り頂く際に、お知らせください。
お送り頂いても写真の重複などでWeb掲載できない場合もありますので、ご了承ください。

ページトップへ戻る